モバイルフレンドリー についてメモ

先日 Googleが検索結果アルゴリズムを新しくしました。
この変更で、モバイル端末ではモバイルフレンドリーなウェブページが、 優先して表示されるとのことです。

モバイルフレンドリー という単語を聞いたこともなかったので、
調べたことをつらつら書いていこうと思います。

モバイルフレンドリーとは

モバイルフレンドリーについては以下で概要が説明されています。

developers.google.com

Google基準のモバイルフレンドリーに合致してるかどうかも判定できるようです。
簡単に確認できるのは便利ですね。

Mobile-Friendly Test

モバイルフレンドリーにするには

モバイルフレンドリー にする手法は以下の3つがあるとのことです。

  • レスポンシブ ウェブ デザイン
  • 動的な配信
  • 別々の URL

レスポンシブ ウェブ デザイン

デバイスの画面サイズに応じて、表示を変える手法です。
cssの振り分けにより実装できるので、変更は小さく抑えらます。

小規模なサイトではこの手法を取るのが良さそうです。

レスポンシブWebデザインの作り方(簡単設定方法)

動的な配信

デバイスの種類に応じて、ページを動的に表示する手法です。
ページを動的に生成するので、URLは1つで済みます。

動的なページの表示は、JavaPHP などを用いて
ユーザーエージェントに応じてページを生成することで実装できます。

柔軟な対応が取れるので、中規模以上のサイトなら
将来的にもこちらの対応もよいかと思われます。

別々の URL

デバイスの種類に応じて、ページのURLを変える手法です。
独立性が高いため、デバイスに特化した表示ができます。

デバイスごとにページを用意する必要が有るため、
大規模化に耐えられるならば選択肢に挙がります。